ROI

オックスフォード大学のスタディスキル講義を履修してみた

投稿日:2019.8.10.

英語力を試すためにオックスフォード大学の講義(スタディスキル)を履修してみました。
写真は、全ての課題を提出したあとにもらった修了証です。

Study Skills (Online), University of Oxford
(コース推奨の英語力はTOEFL iBTで100点以上、IELTSでは7以上)

講義で学んだことは、以下のエントリにまとめていますのでこちらを参照ください。

ちなみに、コースで出題された課題は以下のような感じでした。

  • 現代の文章コミュニケーションにおける句読点の価値とは何か?(350単語)
  • 水に関する環境問題を提起・説明し解決策を評価せよ。(350単語)
  • 自由テーマ(1,000単語)
    (350単語は、WordのA4用紙1枚くらい)

英文レポートを書き慣れていないので2週間で文献を調査してレポートを書きあげるのは大変でしたが、総評で「あなたの提出したレポートは高水準で、今後の学習も上手くいくと確信している」と言われたのは嬉しかったですね。

課題は、毎回しっかりと添削されて返却されるので、英文レポートの書き方を学びたい方にとっては非常に良いコースだと思います。



こちらの記事も参考にしてみてください。

About
植木都顕
(Ueki, Kunitaka)

システム開発会社(株)ロワのアトリエ代表取締役
早稲田卒(副総代)。稲門会副会長、研究会副幹事長
1.技術屋。知性構造に興味を持ち人工知能を研究
2.読書家。書籍・論文あわせて年間3,000冊以上
3.効率主義。論文抽出に独自ツールの使用など
最近の目標は海外の大学院で勉強すること
> 詳しくはこちら
Recommend
〒Post
AtelierRoiへのメッセージをお待ちしています。
頂いたメッセージは公開させて頂く可能性があります。
返信が必要な場合は「お問い合わせ」を利用ください。
(株)ロワのアトリエ | 科学で人生に彩を
Copyright © 2015-2019 AtelierRoi Co., Ltd.
All Rights Reserved.