ダイエット/健康 > ビタミン

ビタミンCサプリメントは白内障と虫歯のリスクを高める

投稿日:2018.12.26.

ビタミンCの効果

ビタミンCは誰もが知っている通り柑橘系果物(レモン、ライム、オレンジなど)に多く含まれているビタミンです。一般的には、ビタミンCのサプリメントを飲むと風邪の予防に良いとか、美肌に良いなど言われていますがこれは本当なのでしょうか? 信頼性の高い研究を読む限り、それらの表記は疑った方が良いみたいです。

ビタミンCサプリメントの効果

「ビタミンCは風邪予防と治療に効果があるのか?[1]」をまとめた研究がありまして、その結論を抜き出しますと、

  • 一般人がビタミンCを飲んでも風邪予防の効果はほぼなかった
  • アスリート(マラソンランナー、スキーヤーなど)がビタミンCを飲むと風邪予防に繋がった

とのことで、ビタミンCが風邪予防に繋がるのは普段から体を酷使しているアスリートだけという結果でした。このため、一般人が風邪予防のためにビタミンCを摂取するというのは間違いみたいです。

また、「ビタミンCは目に悪いのでは?[2]」という研究がありまして、同様に結論を抜粋しますと、

ビタミンCサプリメントを使用すると、白内障のリスクを高めることが分かった。特に、高容量や長期間の使用は危険だ。

ということでした。すなわち、ビタミンCサプリメントは目にも悪いといえそうです。なぜこのようなことが起こってしまうのか正確な理由は分かっていませんが、有力な説としては、ビタミンCが有害物質(フリーラジカル)に変わってしまうからではないかと考えられています。なお、フリーラジカルは正常な細胞まで攻撃してしまう物質です。

そして、「虫歯になりやすい食品は何だ?[3]」という研究にもビタミンCが登場しています。この研究の結論は、

  • ソフトドリンクとビタミンCは虫歯を引き起こしやすい

ということでした。ビタミンCで虫歯になりやすいのは、ビタミンC自体がアスコルビン酸という酸の一種だからなんですね。

ビタミンCサプリメントは買う価値なし

これらから、 一般人がビタミンCのサプリメントを飲んでも風邪の予防に期待できず、逆に白内障や虫歯のリスクを高めてしまうということが分かりました。

このため、ビタミンCはサプリメントからではなく自然食品から摂取するようにしましょう。わざわざお金を出して、病気のリスクを高めるサプリメントを購入する意味は全くありません。



こちらの記事も参考にしてみてください。

About
植木都顕
(Ueki, Kunitaka)

システム開発会社(株)ロワのアトリエ代表取締役
早稲田卒(副総代)。稲門会副会長、研究会副幹事長
1.技術屋。知性構造に興味を持ち人工知能を研究
2.読書家。書籍・論文あわせて年間3,000冊以上
3.効率主義。論文抽出に独自ツールの使用など
最近の目標は海外の大学院で勉強すること
> 詳しくはこちら
Recommend
〒Post
AtelierRoiへのメッセージをお待ちしています。
頂いたメッセージは公開させて頂く可能性があります。
返信が必要な場合は「お問い合わせ」を利用ください。
(株)ロワのアトリエ | 科学で人生に彩を
Copyright © 2015-2019 AtelierRoi Co., Ltd.
All Rights Reserved.